多摩八十八ヶ所霊場 八王子三十三観音霊場 犬目山 不動院 安養寺近郊の神仏たち

ちかくの神仏地図 ちかくの神仏地図 ちかくの神仏地図 八幡神社 八幡神社 虚空蔵菩薩 不動堂 山王神社 神明神社 第六天神社 愛宕神社 八雲神社 御嶽神社 馬頭観音 庚申塔 祥雲寺(跡) 観音山 熊野神社 神明神社 百万遍供養塔 地蔵菩薩 甲明神 御手洗の泉

~ ちかくの神仏たち ~
※ 安養寺は頼鎭(慶安元年七月十七日徳川家より寺領十四石五斗御朱印を附せられる)が永和三年四月三日に死亡したとあるので、吉野時代に文化が発展していたものと思われます。当時は小宮領に属していました。寛永五年四月川村氏と前田氏に賜ったとあります。弘安十一年の年号がきざまれている石塔が今でも安養寺にあります。弘安十一年を正応元年とすれば、開山は、永和三年より八十九年前と云うことになります。江戸期には、甲明神、御嶽社、天王社の別当でした。旧記等は、天明年間火災、また1863年(文久3年)火災により堂字を焼失しましたが、以降、現本堂を再建しました。※ 安養寺は、寛政年間には犬目村の甲明神社、御嶽社、天王社の別当寺でもあった。また、近くにある第六天神社・飯綱神社もそうである。※ 安養寺の聖観音菩薩は、昔は下犬目の観音山から移された甲観音であると伝承を持つ。15センチほどの聖観音菩薩。観音像の台座には天保15年(1844年)の銘があります。頭上の宝冠は兜の様、もしくはこれが甲観音の名の起こりかもしれません。
①【八幡神社】 由緒は貞享四年九月十五日、法蓮寺内鎮守の神とし創立した。
②【八幡神社】  
③【虚空蔵菩薩】 昔、虚空蔵山にあった寺が廃寺となり、虚空蔵菩薩は長楽寺本堂裏にある。
④【不動堂】 明治初年頃まで慈眼寺という寺があったが、不動堂を残し廃寺になった。
⑤【山王神社】 今日でも山王さんの愛称で親しまれている。
⑥【神明神社】 社格:無格社、祭神:天照大神・大己貴命、創立年月日不詳
⑦【第六天神社 ・飯綱神社】 第六天神社は、昔は天王社ともいわれていた。
⑧【愛宕神社・勝軍地蔵】 火伏の神として崇められ信仰されている愛宕神の流れをくむもの。
⑨【八雲神社】 八雲神社は江戸時代まで牛頭天王社(ごずてんのう)とよばれていた。
⑩【御嶽神社】(みたけ) 社格:村社、祭神:日本武尊、犬目の七社を合祀する地域の中心的神社。
⑪【馬頭観音】 八王子で一番古い(元禄4年の作)で馬頭観音である。
⑫【庚申塔】 道標として、集落の守り神、賽ノ神として世相の移り変わりを見つめてき。
⑬【甲明神社】(かぶと) 明治の富豪関谷源兵衛が建立したものである。
⑭【祥雲寺(跡)】 本尊東方薬師瑠璃光如来は犬目の「峰の薬師」とも称せられた。
⑮【熊野神社】 本殿に精巧な彫刻がある。古くより雨乞いの神と称された。
⑯【百万遍供養塔と地蔵菩薩】 供養塔は宝暦4年と称し、百万遍念仏:7日間に念仏を百万回唱える仏事。
⑰【神明神社】 天照大神を主祭神とし、伊勢神宮内宮を総本社とする神社である。
⑱【観音山】 東側に稲荷神社、西側に三峰神社の祠がある。
⑲【地蔵菩薩】 観音山の入口に地蔵堂がある。
⑳【御手洗の泉】 昔より今日まで村が渇水時でも枯れる事のない泉、1.5メートル程の円形。

トップ

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は協会に帰属します。
Copyright(C) 宗教法人安養寺